archive.jpg  category.jpg  profile.jpg  others.jpg
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< アリウム | main | 美しい青磁の器 >>
2015.06.12 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2015.04.12 Sunday

旬の味覚

朝堀りの筍を沢山頂きました。
あまりにも多いので、今年初挑戦の水煮にして瓶保存することに。
大きいもの約8本あったので、せっせと下ごしらえ。
下ごしらえして冷ましたものを適当な大きさに切って、煮沸した900mlの保存瓶へ詰めていきます。
ほぼ満タンに近い位に水と少しのお酢を入れて、軽く蓋をして深めの鍋で20分煮沸。瓶の中も小さな泡がブクブクしてるのを
確認するとしっかり閉めます。
逆さにして冷めるまで放置。蓋が少し凹んでいると完成です。常温で1〜2年は保存できるそうです。
使うときは、少しお酢が入っているので、水から入れてひと煮立ちさせてから使うと風味よく使えます。
蓋はなかなか開かないのですが、蓋を瓶の間にスプーンを差し込んで脱気すると簡単に開きます。

 

 
早速、若竹煮を作りました。
旬の味覚に感謝です。美味しい♪
 

 
2015.06.12 Friday

スポンサーサイト

コメント
水煮の蓋は毎回使い捨てで穴を開けて、と聞いていたので作るのをためらっていました。たけのこを沢山いただかれる友人にも教えてさしあげますね♪
  • uta
  • 2015.04.13 Monday 08:32
utaさん、こんにちは。
水煮の蓋、ほんと開かないんですよね。私も穴を開けようとしましたが、穴を開けるのも難しくて。スプーンなどを隙間に入れて脱気すると、いとも簡単に開く事がわかりました。やはりスプーンを差し込んだ部分は少々変形しますので、再度保存瓶として使う場合は、蓋は新しものにしなければいけませんが。
是非お試し下さいね^^
  • tomo
  • 2015.04.13 Monday 12:22
コメントする








 
Powered by
30days Album
PR