archive.jpg  category.jpg  profile.jpg  others.jpg
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.06.12 Friday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2013.06.07 Friday

保存食作り

 梅雨なのか?と思う毎日ですね。
この辺りでは乾燥注意報が出たりで、風も乾いている感じ。
梅雨のジメッとした感じがなく爽やか。
過しやすいのですが、深刻な水不足に陥るのかと思うと心配です。
雨は嫌いだけれど、やっぱり降ってもらわないとね。

綺麗なグリーンの青梅やらっきょうが出回り、保存食を作り始めました。
今年は、初めて小梅干し作りにも挑戦。
数年前に友人が、手作りの美味しい小梅を持ってきてくれたのがきっかけです。
らっきょうは、夫以外の家族が好きなので。今回は甘酢漬けにしました。

食べられるのはもう少し先ですが、瓶の中で変化していく食材を眺めながら、その時を楽しみに
待っています。


実家で沢山できたいちごはいちごジャムに。 VECKの瓶は、いちごジャムにぴったり。
 

今、発売中の「暮らし上手の常備菜」にはVECKの使い方の冊子がついていて、とても参考になりました。かなり色々なものが長期保存できるようです。
 

気候が良いので、せっせと庭仕事も頑張っています。
早朝と夕方の1日2回の花がら摘みが結構楽しみ。
花がらを摘んでいるからなのか、うちのビオラはまだまだ元気。
そろそろ違うお花に植え替えたいのだけど・・・。

そしてバラの方は・・・と言いますと、 待ちに待ったラデュレが咲きました!
なかなか花芽が付かなかったので、あきらめていたのですが、時期が来ればちゃんと咲いてくれました。
マカロンを思い出させるような、フランボワーズピンク。
ラデュレのマカロンが食べたくなってきたな♪

2013.05.05 Sunday

ジャーダのおもてなしレシピより

ゴールデンウィークもいよいよ終盤。
 出かける事も考えたのですが、人混み嫌いの私達。
家でのんびり美味しいものでも作って食べるのがいいね・・・という事で、出かけたのは食材探しのみ^^;

今日は、私の好きな番組。
CS放送のフーディーズTVで放送されている「ジャーダのおもてなしレシピ」より、
「タラゴンと白ワイン風味のチキン」、「スナップえんどうときゅうりのサラダ」を作りました。

こってりしているように見えますが、意外にヘルシー。
余分な脂はクッキング鋏で取り除いています。
オリーブオイルで表面を焼いた鶏肉をワインとスープストックで40分ほど煮込んでいきます。
ポイントはたっぷり使うタラゴン。フレッシュなものはなかなか手に入らないので、ドライハーブで。
この料理に合わせて飲むワインを少し?・・・1カップほど使っています。
小玉ねぎのペコロスが煮込まれて甘くてよい感じに。
鶏肉をお皿に盛り付けてから、スープに小麦粉を混ぜグレイビーソースを作ります。

サラダはたっぷり使ったスナップえんどう。氷水で食感良く冷まし、キューリと甘いプチトマトを合わせます。
ドレッシングはレモンのすりおろした皮とレモン汁、オリーブオイル、塩コショウで作ったもの。
レモンと相性の良いフレッシュディルでアクセントを。
美味しいワインとバゲットで、今晩も楽しい夕食となりました。

さて、明日は何を作ろうかな。
 
2013.05.04 Saturday

最近の台所事情

 少し前にフリージング活用術なる本を読みました。
調理したもの、する前のもの、上手にフリージングすることにより工夫次第で日々のお料理も便利に楽になります。
特にお弁当作りには大活躍です。
日々の料理時にフリージングできそうなものは少し多めに作り、半分はフリージング。
例えば、きんぴらごぼう、きんぴられんこん、おから。これらは本当に便利。
少しおかずの足りない時、お弁当に入れたり。
揚げ物は、エビフライ、から揚げ、カツ、春巻きなどは全部揚げてしまい、十分冷めてからクッキングペーパーで
挟んでアルミホイルなどで包みフリージング袋で保存。
食べる半日ほど前に冷蔵庫で解凍して、オーブントースターでカラリと温め直します。

仕事のあった日の簡単キッシュ。
これも冷凍してあったサンドイッチ用のパンをパイ皿に並べて、冷凍してあったミートソースとソテーした茄子、チーズをのせて、アパレイユを注いで簡単キッシュ。


多く作って余ったパウンドケーキも切り分けて、ラップで包みフリージング袋へ。
食べる半日前に冷蔵庫で解凍して頂きます。

冷蔵庫には、温泉卵を多めに作って保存。
美味しいだし醤油があれば、夫大満足の一品になります。



塩きのこ(熱湯でサッと湯がいた色々な種類のきのこに塩を混ぜて保存するもの)は炊き込みご飯に、卵焼きにパスタにと大活躍。保存でき、プリッとした食感に。

保存食とは関係ないのですが、ご存知の方も多いかもしれませんが・・・
生姜の保存方法。皮を剥いて、水を入れたガラス瓶の中で保存します。
水は2~3日に1度くらい交換するだけ。
最近知った方法なのですが、これは長持ちします。

こんな風に、いかに楽するか・笑!こんな事を考えるのが楽しい毎日です。

最近始めたInstagram。
ここでは毎日のお弁当、食事、保存食、など、それは素晴らしいフォロワーさんの日常を拝見する事ができます。
丁寧な暮らしが垣間見られ、こちらも「よし!頑張ろう!」と元気をもらえるのです。
ついブログよりそちらの方を更新してしまい、最近ブログは疎かになってしまっていますが・・・^^;
頑張って、こちらも更新したいと思います^^
2013.04.02 Tuesday

手作りソーセージ

 いつか作ってみたいと思っていたソーセージ。

今号の「暮らしの手帖」に載っていた記事を目にしてから、作るまで3日。
好奇心旺盛な性格がそうさせてしまったようです。
家族は少々引き気味でしたが・・・^^;
ネットで羊腸、豚腸、ソーセージスパイス何でも手に入るんですね。
注文したのは羊腸。豚腸はフランクフルトに使われるようです。

種作りの温度は10度以下。(パキッとさせるため)
氷を入れながら捏ねていきます。
ここまではスムーズでしたが、難関は腸詰め。
絞り袋に口金をセットして搾り出して詰めていくのですが、種温度が低いので硬いのと、要領を得ていないのとで、なかなか絞り出せず。
息子に助けてもらいながら絞り出すのですが、力まかせにすると腸にいっぱい詰まってしまい、捻る時に破裂。腸の太さの8割くらいが理想かな?
結局自分で絞り出しましたが、結構大変で・・・コツは絞り袋に入れる種をに3分の1くらいにすることでしょうか?
なんとか、800gの豚肉で約40本のソーセージが出来上がりました。

苦労して出来上がったのがこれ。



見た目はまずまず。
詰めるときに時間がかかり、種温度が上昇したのが悪かったのか・・・?パキッとした感じがあまりなかったのが残念。
お味はレシピ通りに作ったので、甘みが強かったのとスパイシーさがあまり無かったのが残念でしたが、これらはこれから自分達の好みの味に変えていけば、きっと納得のいくものができるはず。
 ん〜。ソーセージ作りは奥が深いです。
あと羊腸がひとつ残っているので次こそは!もう少しレベルアップできるように!
2013.03.31 Sunday

甘夏パウンドケーキ

 実家でできた甘夏でパウンドケーキを焼きました。
お菓子作りの苦手な私が、苦労せず焼けるのはパウンドケーキくらい。
酸味のあるサワークリームも混ぜて、少しほろ苦い春の香りのする爽やかなケーキが出来上がりました。1本目はご近所へ。2本目は2日ほど寝かせて、しっとりした頃に家族のお腹へ。

2013.03.09 Saturday

Onion quiche

 今晩はキッシュ。

飴色玉ねぎとチーズのキッシュ。パートブリゼは全粒粉で作りました。
全粒粉を使うと生地はさっくり。
銅板も使ったので、底までさっくり焼きあがり、今までの中で一番上手に焼けたかな。

レシピは福田淳子さんのキッシュの本より。

2013.03.07 Thursday

ふき味噌

 春めいてきましたね。
花粉症の私には少々辛い季節ではありますが、やはり美しい春はうきうきします。

野菜売り場にも春野菜がずらり。
菜の花、うど、若ごぼう、ふきのとう・・・中でも、うどが大好き。
風味の良い春野菜は、好んで食卓に並べる事が多いです。
 


今日はふきのとうで「ふき味噌」を作りました。
甘めに仕上げたお味噌、すぐに小さなおにぎりにのせて頂きました。
少しの苦味と春の香り。とても美味しい♪
 

<レシピ>
ふきのとう6個くらい。
ふきのとうは、洗ってから細かく刻み、水にさらしてアクを抜き絞ります。
ごま油で炒め、砂糖大さじ2~2と1/2、酒大さじ1、しょうゆ小さじ1/2、味噌大さじ2を入れて、炒めます。ごまを入れてもいいですね。




2012.11.18 Sunday

週末のおいしい時間

 週末、我が家に素敵な贈り物が届きました。
先日お会いしたpulignyさん御夫婦からのごちそう便です。
ブログではいつも、美味しそうなワインとセンスの良い美味しそうなご馳走の数々が登場するのですが、
その中でも私達夫婦の心をわし掴みしているもの・・・それは、度々紹介されている沖縄島豚「プレミアムあぐ〜」。
旨み成分が豊富な高品質の豚肉です。
デパ地下に行く度に探してみるのですが出あえず。
pulignyさんも、大阪雑記で「基本的に大阪では肉と言えば牛肉」という印象を受けられたと書かれているように、
確かに大阪のデパ地下は牛肉屋が殆どなんです。

そんな矢先、夫からpulignyさん御夫婦があぐ〜豚を贈って下さるそうだよと聞いて、恐縮するやら嬉しいやら。
そして、密かにはしゃぐ夫婦の元に「プレミアムあぐ〜」が届いたのです。

これは是非とも、お勧めの調理法で美味しく頂きたいと思い、奥様にレシピを伝授して頂きました。

1日目。
肩ロースの極薄切り肉を頂きました。
美味しい肉汁を逃がさないようにと白菜の重ね蒸し。
フライパンでの方法を教えて頂きましたが、それはそれは沢山のお肉を頂いたのでギューギューと詰め込んだ、
土鍋を使っての調理に。
底に昆布を敷いて、白菜+豚肉+塩+しょうがのみじん切りと3回程重ねて、鍋の高さに合わせて切り並べていきます。
最後にお酒を振って15分程蒸しました。


白菜の甘み、肉の甘みと旨み、それはそれは美味しかったです。
この蒸し煮を2回、残りはしゃぶしゃぶで。
600gと沢山のお肉でしたが、息子達も次々と箸が進み、あまりの美味しさに軽くお腹におさまりました^^




2日目。
塊肉を使ってのローストポーク。
これはお勧めのアルロネーズソースでいただきました。
黒ビール、フォンドボーを使っての、さっぱりとした上品なソースです。
1日目のお肉と同じだけ頂いたのですが、食べ応えがありお肉を噛む度に美味しい旨みが口いっぱいに広がるという
美味しい贅沢な一皿でした。


お肉に合わせた副菜のお皿。なんだかまとまりが無くおもちゃ箱のようですが^^;



手前から時計回りに、フルーツトマトのステーキ バルサミコソース、ハニーマスタードポテト、しいたけのローズマリー風味、柿の生ハム巻き、えんどうのバターソテー。
そして、カンパーニュも焼きました。これはちょっと失敗。メゾンカイザートラディショナルとライ麦粉で。
 

思いがけず、ご夫婦のお心遣いで美味しい素敵な週末になりました。
pulignyさん、奥様、どうもありがとうございました。
2012.11.16 Friday

バナナキャラメルパウンドケーキ

誰にも見向きされない熟しすぎたバナナが1本。
久しぶりにパウンドケーキを焼いてみました。
「バナナキャラメル」という響きに惹かれて・・・^^
フードプロセッサーを使ったので、オーブンまで15分。
カラメルを絡めたバナナをさっくりと混ぜて。バターを使わず、サラダオイルで。
オイルは体に良さそうな大豆胚芽のオイルを使いました。
1日置いて生地はしっとり、甘さも控えめの美味しいパウンドケーキの完成。

レシピはこちら

 


  にほんブログ村 料理ブログへ
2012.11.09 Friday

りんごのコンポート

 1日出かける予定のない週末。
今日は新しく買ったホームベーカリーの多様な機能を試すために、あれこれ作ってます。

朝から、父に届けるためのお餅を3回、りんごのコンポート。
今はりんごのジャムを作っています。

小さな紅玉がお店に並んでいたのでね。






Powered by
30days Album
PR